幼児教育問題、通信教育との関連、教材本についてなど

学び舎ネット

遊んで学べる、ディズニー英語システムや進研ゼミこどもちゃれんじの情報も

どんなに成長しても、人は学ぶことに喜びを覚えながら生きています。そして学んだことを若い世代へ伝え、社会へ還元してゆく・・・そういう流れが平和や幸福、ひいては”心の豊かさ”につながってゆくのだと思います。人も社会も自然環境も、すべては”学び尊ぶ心から”・・・そういう社会づくりを”学び舎ネット”は応援します。
トップページ教育と学習を考える>幼児教育について

幼児教育に関する問題について。


幼児教育は学ばせるというよりも、慣れさせるという感じの方がいいといわれています。

少子化の背景とは反比例して、教育熱は高まるばかりですが、興味深いのは近年、「無理にものごとを教えつけると、(脳などに)ストレスがかかってしまう」という趣意のデータが出ております。

確かに”絶対音感は三歳までに身につく”といったような類のものもありますが、学習教材各社の教材を見てもわかるように、

「楽しみながら身につく♪」

というものが大多数ですものですよね。

《ほめられた子は伸びる…その知恵とは》

子供を伸ばす魔法の11カ条 アメリカインディアンの教え


《子供は大人の模倣(モノマネ)から学ぶ》

子供は”教えて学ぶこと”よりも先に”周りの環境(大人・モノ)から学ぶ”と言われております。

実際、私たちの幼児体験を思い返せば、「そういえばそうだったかも知れないな...」ということが実感できることでしょう。

幼児〜小学校教育などは特に”教え込ませるより(親・大人も)一緒に学ぶ”という姿勢が大切になってくると捉えることができます。


《PR》Z会より、2010年4月、幼児コースが新たに開講。くわしいご案内はこちらから!


《学ぶ楽しさよりも、わかる楽しさを》

最初から幼児(小さなお子さん全て)に”学ぶ楽しさ”を身につけさせるのは、ちょっとかわいそうなことです。

なんでも最初が大切です。これが後々次第に・・・


◎「やらされている」
     ↓
”受身=やりたくない感情”につながり、

◎「いつの間にか学んでる」
     ↓
”やる気=楽しい感情”につながります。



親御さんが一緒に学んでゆくうちに、

「あ!わかった〜♪」という楽しさや嬉しさを共有できたらイイですよね

ベネッセコーポレーション 進研ゼミ・こどもちゃれんじ

トピックス&コラムページ

読書の力と効果 書く習慣と力について
英語学習のコツ ヒアリング教材の使い方
励ましの効果と力 苦手科目克服法
効率の良い勉強方法とは フィンランドの教育について
英語・数学の勉強法 幼児教育問題
勉強のやる気を出す方法 モジュール制と集中力


サイトメニュー
サイトについて(はじめに)

教育と学習を考える(情報・コラム)

大人の勉強法・生涯学習 子供の勉強・学習
Copyright(C)”学び舎ネット”All Rights Reserved.